カードゲームの中で、ポーカーほど人気のあるゲームはありません。その中で最も人気があるのはスタッドゲーム、ドローゲーム、そして最近人気が高まっているテキサスホールデムです。

さらに、テキサスホールデムから派生して、様々なポーカー変種が生まれたのはご存知ですか?その変種の一つである「ビラボンポーカー」は、人気ポーカー「オマハ」にも通じるものがあるゲームで、最近では大学のキャンパスや世界中のカジノでプレイされており、年々プレイヤーが増え続けています。

このように、ポーカーには様々なバリエーションがあり、自分のお気に入りのポーカーがいくつかきっと見つかるはずです。

ビラボンポーカーの戦略

ビラボンポーカーは、オマハとスタッドの要素を取り入れたポーカーゲームです。オマハと同様に、スモールブラにはインドとビッグブラインドがあります。各プレイヤーには、4枚のカードが配られます。スタッドのように公開されたカードもあります。この場合、各プレイヤーの4枚のホールカードのうち1枚が表向きになります。

プレイヤーはブラインドをコール、レイズ、フォールドすることができます。手札を維持したいプレイヤーが全員コールすると、スリーカードフロップがあります。プレイヤーがベットした場合、ターンカード、ベット、リバーカード、ファイナルベットがあります。手札を持っているプレイヤーは全員、手札を見せます。プレイヤーはホールカードと2枚までのコミュニティカードを使って、一番強いポーカーハンドを作っていきます。

ビラボンポーカー

ビラボンポーカーの遊び方

ビラボンポーカーは、コミュニティポーカーとスタッドを組み合わせた不思議なゲームです。スタッドがお好きな方には、このゲームもきっと気にいるでしょう。さらに、テキサスホールデムの要素も組み合わさっており、ひねりが加えられています。
ビラボンポーカーは、他のポーカーゲームと同じように、あらかじめ決められたブラインドとアンティを掲示します。ディーラーボタンを持っているプレイヤーがスモールブラインドをし、その左隣のプレイヤーがラージブラインドをします。

リバーカードがプレイされると、本格的にベッティングが始まります。途中でフォールドしたプレイヤーもいるかもしれませんが、ここが最後の決戦シーンとなります。自分のハンドに自信のある人は、ビッド、チェック、レイズをして、最後の対決に臨みます。配られた9枚のカードのうち、5枚のカードのポーカーハンドが最も良かった人が勝者となります。

ビラボンポーカーのルール
ビラボンポーカー

ビラボンポーカーは、通常のポーカーのルールに従っています。少なくとも3枚のホールドカードを頼りにハンドを作り、ブラフやブラインドを奪うチャンスがあります。なお、完全無料で遊べるビラボンポーカーはないため、少しのリスクを冒して練習しなければなりませんので、注意してプレイするようにしてください。